レンタルが便利

ワインを持つ女性

披露宴用のパーティードレスと二次会ドレスの両方を購入するとなると、かなり出費がかさみ、悩ましいところですが、今は便利なレンタルドレスショップがたくさんあるので、それを利用するという手があります。
忙しくて店頭に行けない人も、ネットショップのレンタルドレス屋さんもあり、レンタル料と送料だけで好きなものを数千円で借りることができます。
また、アクセサリー等の小物もセットでレンタルできますし、使用後のクリーニングも不要なショップもあります。
パーティードレスはフォーマル目のものを購入すると、他の特別な日にも着る機会も増えますが、思い切って冒険したい二次会ドレスは機会ごとに普段は着ないテイストにチャレンジしてみるのも楽しみになります。
二次会ドレスは特に、新しい自分を発見できるチャンスになり得ます。

披露宴と二次会の違い

座る女性

女性は時々何かの機会にドレスアップできると気分も高揚するものです。
特に結婚式に招待されると、すぐに着ていくパーティードレスをどうするかを考えます。
お式、披露宴に続き、二次会にも参加するとなると、披露宴よりもリラックスした雰囲気の二次会では衣装を変えたいと思う人もいます。
披露宴では肌の露出を控え、他の列席者からも好感を持って頂けるように考えたパーティードレスが鉄則ですが、二次会ドレスはレストラン等の会場の雰囲気、二次会だけに集う出席者とのバランスも考えて、もう少し華やか目のドレスを着ると、さらに新郎新婦の祝福を盛り上げる雰囲気に貢献できます。

ドレス選びの情報

服を選ぶ女性

結婚式や二次会のお呼ばれでどのようなドレスを選ぶか迷う事が多いです。
パーティードレスはデザインやカラーも様々な物がありますし、選ぶドレスにより印象も大きく違います。
結婚式のお呼ばれの場合、まず大原則は白はNGという事です。白は花嫁の色と決まっています。

無難な色としてブラックのパーティードレスを選ぶ人が多いですが、おめでたい席ですので地味にならないようアクセサリーや小物、靴などを華やかな物にします。
カラードレスですと、ブルー系、イエロー系、ピンク系などが華やかで人気があります。
デザインも様々でAライン、タイト、プリーツ、バルーンなどスカートのタイプだけでも雰囲気が随分変わりますので、自分の雰囲気や体系に合うものを選ぶと良いです。
また式からの参列の場合は特に露出を控えめにしノースリーブのパーティードレスを着る場合はボレロやストールを着用するようにします。
次に二次会ドレスですが、こちらも結婚式披露宴同様、華やかなパーティードレスを選ぶます。
夜の時間帯の事が多く、キラキラしたヘッドアクセや小物をプラスし、ボレロやショールをとったノースリーブでも二次会ドレスなら問題ないですし、お昼間より少し砕けた感じになっても構わない場合が一般的です。
ただし上司など会社関係の人が参加される場合もあるので、節度をわきまえて二次会ドレスも選ぶ必要があります。
親しい友人の二次会の場合は受付や幹事を務める事もあるでしょうからその場合は華やかさは勿論ですが、少しきっちり感もあり作業しやすい動きやすい二次会ドレスを選ぶという事も忘れないようにします。